<Event report>グラスを形どったシルバーアクセサリー製作(7月16日ワークショップ)

第5回「シルバーアクセサリー」

7月16日、曇。

 

快晴ではないとはいえ、気温は当然のように30度超え。外を歩いているだけでかなりの汗をかいてしまうほどの暑さでした。違う言い方をすると「ビールがよりおいしく感じられる暑さ」といったところでしょうか。

 

この日は、毎月第3日曜日に開催している東急ハンズさんとのコラボレーションワークショップ。5回目の今回は、シルバーアクセサリーです。

今回の先生は、相田化学工業株式会社の宇土さん(左)と松下さん(右)。

シルバーアクセサリーは、「アートクレイシルバー」という粘土状になった銀を使って、好きな形に作り上げていきます。目指すはこんな感じ。グラスの形にくり抜いたアクセサリーに仕上げます。

ヤスリやブラシなども使って仕上げていくのですが、私でもうまく作ることができるのでしょうか。実は妻と娘から「かわいく作ってくるように!」との指令を受けており、個人的な事情から失敗は許されません。

シルバーアクセサリー製作開始!

先生から簡単にレクチャーを受けて製作開始! 一見普通の粘土に見えますが、これが世界に2つとないシルバーアクセサリーに。

これをトレーシングペーパーで挟んで、延ばしていきます。ここまでは特に難しいこともなくスムーズ。

次に、粘土にグラスの形を転写します。くり抜きたいグラスの形を選んで、鉛筆で輪郭をなぞり、粘土を貼り付けると輪郭が転写されます。「Daydream」に使われているグラスの形を選んでみました。

それを画鋲の針でくり抜いていくのですが、結構雑な感じに……。後ほどヤスリでキレイに整えるということで、それほどキレイにくり抜けなくても大丈夫とのこと。ですが、やはりこの時点で少しでもキレイに整えておいたほうがよかった、と思ったのですが、それはもう少し先の話……。

みなさん真剣です!

粘土を乾燥させてヤスリがけ

くり抜いたら温めて乾燥させ、カリカリにしていきます。

乾燥させたらヤスリをかけて、キレイに整えます。実はここが結構重要な作業。ここでしっかり形を整えることができるかどうかが、最終的な出来に関わってきます。

 

先生の見事な手さばき。

参加者のみなさんもヤスリがけの間は無言に。一言も発することなく、黙々とヤスリをかけていきます。

私もやや雑になったくり抜き跡をキレイにすべく、必死にヤスリをかけていたのですが……ここで緊急事態発生! なんと、力を入れすぎたのか、折れてしまいました! せ、先生!

 

すると、いとも簡単に(簡単ではないのかもしれませんが……)、直してくれました。いやあ、どうなることかと思いましたが、先生のおかげで無事に修復。個人的な事情もあり、冷や汗をかきました。

みなさんよりも少々作業が遅れてしまいましたが、なんとか追いついて次の作業へ。今度はやや液状になったシルバーを、スポンジに染み込ませてポンポンとグラス上部に付けます。ビールの泡ってことですね。この後は粘土を焼成します。

いよいよ粘土を焼成!

専用の機械を使って焼いた後は、水に付けて冷やします。

それをステンレスブラシで磨くと……

こうなります! 右半分が磨いた部分です。

みなさん必死に磨いて磨いてついに完成しました! 力作ぞろいです!

作業の後はみんなで乾杯!

なお、私の作品はこちら。妻と娘の反応についてはノーコメントとさせていただきますが、1時間半ほどの作業時間で楽しくシルバーアクセサリーを作ることができました。

ちなみに、自宅でシルバーアクセサリーを作る場合は、ドライヤーで乾燥、ガスコンロで焼成することで対応できるそうなので、ぜひ試してみてください!

 

次回のワークショップは9月16日(土)。「流木グリーン」を作ります。ぜひご参加ください!

<Event report>自宅でも! アウトドアでも! オリジナルハンモック製作(6月18日ワークショップ)

第4回「ハンモック(座れるサイズ)」

6月18日、曇。

 

梅雨の中休み……といいますか、今年の梅雨はかなりお休みをいただいているようですね。この日も雨が降りそうで降らない曇り空でした。

 

毎月第3日曜日に開催している東急ハンズさんとのコラボレーションワークショップも4回目。今回は「ハンモック(座れるサイズ)」を作りました。

先生は「里山ハンモック」のみちやまさんです。

これからの季節、ハンモックに揺られたいと考えている方が多いようで、この日初回のワークショップは満席。

 

「ちょうどハンモックが欲しかったんです」という方もいれば、「ハンモックを作ってから使い方を考えます!」という方まで。私もどちらかというと後者でしたが、今回のサイズのハンモックであれば、野菜を保管しておくという使い方にもいいのだとか。アウトドアでも重宝しそうですね!

 

いよいよハンモック作り!

まずは紐の色選びから。

「色選びが一番楽しくて一番難しいんですよね」と先生が言うとおり、みなさんかなり迷っていた様子。似たような色がいくつかありますが、すべて手染めのため微妙に色が違ったりするんだそうです。

 

色を選んだら、いよいよ編んでいきます。「ハンモックを作るなんて、かなり大変なのでは……」と思っていましたが、実際に作業するのは最後に編む部分のみ。ここまで準備していただいています。

最初は先生がひとりひとりにお手本を。

かなり不器用な私、実はこの時点ですでに不安でした。はたして私に完成させることができるのだろうか。「わからなくなったら聞いてくださいね〜」という先生に対し、心の中で「先生!」と何度も叫んでいたことを告白します。

 

ですが、恐る恐るやってみると、序盤で少々不安はありましたが徐々に慣れてくるもので、意外とスイスイできるものです。我ながらキレイに編めている(……と思いませんか?)

みなさんも真剣です。

私以外の参加者はみなさんレベルが高く、先生も「みなさん速いですね〜」と。調子に乗った私もスイスイ〜と(途中ミスを指摘されながらも)最後まで編み上げることができました。

 

これです!

うーん、ちょっとズレがありますね。作業自体は簡単なので、いかに丁寧にできるかがポイント。どうやら調子に乗りすぎたようです。

ついに完成!

最後にフレームを外してもらって、完成です!

どうですか、この出来栄え。製作時間約1時間で、世界に2つとないオリジナルのハンモックができました。自分で作ったハンモックの座り心地を確認。みなさん笑顔になります。

そして、ビールを飲むまでがワークショップです。それぞれ大きなハンモックに体を委ねて、好きなビールで乾杯! 

私はJAZZBERRYとともに。ハンモックを使わないときは、こうやって丸めておくとコンパクト。

大きなハンモックに包み込まれると、思ったよりも視界が遮断されるので、自分だけの世界に入り込めます。そして、JAZZBERRYのフルーティーな香りが、この時間をより贅沢に感じさせてくれるのです。

 

最高に楽しい時間でした!

 

次回のワークショップは7月16日。「シルバーアクセサリー」を作ります。ぜひご参加ください!

0 コメント

<お知らせ>5月21日ワークショップ

第3回 「パラコードブレスレット」

クラフトワーク&クラフトビールの魅力を堪能する贅沢なひと時♪

 

何かをつくりたい人、はじめたい人の強い味方、

くらしを創りだすヒント・マーケット、東急ハンズさんの元に集まるクリエイターたちと、

SPRING VALLEY BREWERYがコラボレーションしてお届けする

毎月第3日曜日のワークショップ。ビールを楽しみながらレクチャーを受け、

自分の手で作品をつくっていただけます。

 

今回はなんと予約不要!20歳以上の方はどなたでも参加できます♪

 

第3回 「パラコードブレスレット」

引張強度は180kg!キャンプやアウトドアで使用する丈夫なコードで、

ユニセックスなデザインのブレスレットをつくります。

 

日時:2017521日(日)

場所・時間:SVB東京テラス 1100-1600
(雨天の場合は店内にて開催)

費用:1,000円(材料費+レギュラーサイズで1杯ビールが付きます) 

※参加は20歳以上の方に限らせていただきます。

※制作時間はおおよそ2030分程度です。

※混み合う場合はお待ちいただく可能性がございます。

※材料がなくなり次第、終了となります。

 

当日は、おうちでも簡単に楽しめる材料も販売予定です。

やってみたい!という方はどうぞお気軽にお越しください。

協力:メルヘンアート

 

スプリングバレーブルワリー東京

http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/

 

03-6416-4960

0 コメント

<Event report>4月16日ワークショップ

第2回「ハーバルキャンドルバー」

クラフトワーク&クラフトビールの魅力を堪能する贅沢なひと時

 

東急ハンズさんの元に集まるクリエイターたちと、

SPRING VALLEY BREWERYがコラボレーションしてお届けするワークショップの、

今回は第2回!ハーブのスペシャリスト、カリス成城さんから講師をお迎えして、

ずっと飾っておきたくなるような良い香りのキャンドルをつくりました。

 


ずらっと並んだ、様々
な精油や花材、スパイスなど…
最初はさあ、どれを使おうかと参加者一同真剣に考えるところからスタート。

ってあれ?材料にビールびんの王冠が混じってますけど!!
一体どんなキャンドルが出来上がるのでしょうか。

選んだ材料を型に並べ、イメージを膨らませます。

でものんびりしていられるのはそこまで。

好みの精油を溶かしたキャンドルに混ぜ込み、型に流し込んだら、

そこからは一気!!

固まるまでの時間との勝負で、材料を配置していきます!

材料を並べ終わったら、キャンドルを氷で冷やします。

意外とビールびんの王冠使う方多かったですね(笑)さすがビール好きの皆さん!

 

さあ、時間との勝負のあとはほっと一息♪
ということで固まるのを待ちながら、乾杯タイムです。

出来上がったキャンドルは型から外してお持ち帰り。

同じ素材から選んだにも関わらず、みんなそれぞれ個性の光る作品が出来ました!

そこがクラフトの良いところですね!

真剣に取り組みながらも終始和気あいあいと楽しい会でした♪

 

次回は5月21日、パラコードブレスレットをつくります!

0 コメント

<Event report>3月18日ワークショップ

クラフトワーク&クラフトビールの魅力を堪能する贅沢なひと時

 

何かをつくりたい人、はじめたい人の強い味方、

くらしを創りだすヒント・マーケット、東急ハンズさんの元に集まるクリエイターたちと、

SPRING VALLEY BREWERYがコラボレーションしてお届けするワークショップ。

 

記念すべき第1回は、二子玉川のお花屋さん「メゾンフルーリー」の
フラワーデザイナー佐々木久満さんを
講師にお迎えし、
大麦とホップをメインにした、ナチュラルでお洒落なドライフラワーリースを
つくりました。

 

最初は参加された方も、お花の先生というと物静かな方なのかな?と思ったかもしれませんが、

 

キレッキレの爆笑トークとともにスタート。

 

楽しくレクチャーを受けたあとに、いざ作業開始となりました。

あらかじめ準備いただいた材料を、

グルーガン(スティック状の樹脂を熱で溶かして接着する道具)を使って固定していきます。

 

リースは本来、単なる飾りではなく縁起物であり、

輪の形には、”永遠に続くこと”への願いが込められているため、

配置もきちんと、一周が繋がるように並べるのが基本だそうです!

 

もちろん他にもきれいに見せるためのコツはあるものの、

お手本をマネするよりも自分の感覚でつくることが大事とのこと。

案外初めてつくるものがよく出来たりもするそうです。

 

うーん、深い!!

確かに、皆さん同じ材料なのに、それぞれの感性が活かされた作品に仕上がっています。

隣の人の作品を覗き込んで、「え!こんなに違うの!」とビックリする方も!

バランス良く、キレイに仕上げるのはとても難しくもあり、工夫するのが楽しくもあり、

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

そして、完成した後は、リースを手に記念写真を撮ったりしつつ、

お待ちかねの乾杯タイム!

一緒にものづくりをして、ビールを楽しんで、

最後は初対面とは思えないほどの盛り上がりに♪

 

こんな感じの「CRAFT WORK × BEERワークショップ」、毎月第3日曜日に開催していきます。

こちらのブログでも都度お知らせしていきますので、

ビールとものづくりが好きな方、興味のある方、ぜひぜひ遊びにきてください!

※変更になる場合もございます。

0 コメント