<Event report>サラダ×ビールワークショップ

パワーサラダ 、ご存知ですか?

ビールのおつまみといえば、 ”唐揚げ” や "ソーセージ”、”フライドポテト” などが「ザ・定番」。サラダはそんながっつりおつまみの添えものというのがこれまでのイメージでした。そんな常識を打ち破るのが「パワーサラダ」なんです!

 さて、その「パワーサラダ」って一体どんなものなのでしょうか?

 

今回、このワークショップの企画進行をお願いした一般社団法人コミュニティキッチン・イニシアティブの岩渕美華さんに伺いました。

 

 「パワーサラダは、野菜にたんぱく質、フルーツ、木の実などを組み合わせたボリューム満点のサラダです。NYを発信としてアメリカや海外でトレンドとなり、日本でもその人気が高まってきています。パワーサラダのポイントは たんぱく質を50gほど含んでいること"  ”全体の1/3は緑黄色野菜を使うこと ”フルーツを使うこと" です。フルーツは彩りのためだけでなく食物繊維やビタミンCなどの栄養、その甘酸っぱい酸味がドレッシングとの相性も良く、味わいとしても取り入れたい食材です。具沢山でお腹も栄養も大満足のサラダです」

 

今回は、そんな「パワーサラダ」を手作り体験して、さらにクラフトビールとあわせちゃおう!というワークショップです。

岩手の新鮮な恵みが勢ぞろい!

イベントは2017年5月20日(土)、東京・神田にあるシェアプレイス「theC」で開催。サラダの材料は岩渕さんの手配で、岩手県八幡平の「食と癒しの空間・サラダファーム」より野菜や卵など、そして同じく「清水川養鱒場」よりニジマス "八幡平サーモン " などのとびきり新鮮な食材が揃いました。

岩渕さんによるサラダの盛り付け方のレクチャーの後、この会に駆けつけたサラダファームの田村恵さん(写真右上の左)、そして清水川養鱒場からは高橋愛さん(同写真の右)より、食材の育つ環境や育て方など、普段はなかなか伺えないバックグラウンドも伺いつつ、それぞれの魅力について熱くお話しいただきました。

 

 

それではサラダを作ります!

手づかみで豪快に盛りつけよう!ということで、参加者が作業用の手袋をつけている間に各テーブルに、盛りだくさんな材料がテーブルに運ばれました。色鮮やかで豊富な材料に思わずスマホで激写の嵐に…。

 

さあ、いよいよサラダ作り。いざとなると何から盛り付けたらいいのか迷っているテーブルでは、高橋さんが丁寧にサポートします。恐る恐る盛り付け始めた皆さんもだんだんノリノリになってきました!大好きな肉中心に盛り付けた人、彩りにこだわる人、ローストビーフでバラを作りお花畑のように作った人、とにかく全部盛りした人など、個性豊かなサラダが出来上がっていきます。

 

さあ、ビールの登場です!

思い思いのサラダが出来上がったところで、各テーブルにビールが配布されました。今回のビールはSVBの定番である『496』『COPELAND』『Afterdark』『on the cloud』『Daydream』『JAZZBERRY』の6種。ずらっと並ぶビールにこれまた歓声が上がります。

 

「これこれ♪」と早速お気に入りの銘柄を見つけたり、初めてのラベルをしげしげと覗き込んだり…。

そこで、今回ワークショップに参加しているヘッドブリュワーの三浦太浩の乾杯の発声とともに、ビールとサラダを ”いっただきま〜す!”

 

三浦がそれぞれのテーブルを廻り、ビールについてや今回の食材を岩手で初めて食べて感動した話など、参加の皆さまと和気あいあい話が盛り上がります。

 

サラダとクラフトビール、いかがでしたか?

皿に山盛り作ったサラダも全員ペロリと綺麗に平らげたテーブルあり、ビールのお代わりを楽しむテーブルあり…。初対面の人たちともすっかり打ち解けて楽しむ参加者に、パワーサラダ x クラフトビールの体験の感想を伺いました!

 

 

「サラダにはこれまで白ワインと合わせることが多かったんですが、『on the cloud』はフルーティでサラダにピッタリだと思いました」(30代女性)

 

「『JAZZBERRY』とトッピングのイチゴが合うし、『on the cloud』や『daydream』とサーモンの相性もピッタリです」(40代女性)

 

「付け合わせのホップのパンのほんのりとした苦味と『Afterdark』がとっても合ってると思います」(20代女性)

 

「カブがとにかく甘くてジューシー!どのビールにも合いますね」(30代女性)

 

「おつまみになるサラダってすごいですよね。今度ホームパーティでもやってみようと思います」(40代女性)

 

「これまでビールを料理に合わせて飲むということをほとんどしたことがなかったので、本当に面白い体験でした」(30代男性)

 

 

ビールはサラダだ!!

約2時間のイベントで、こちらが飲み終わった空ビンです!

こんなに贅沢にクラフトビールを楽しめるイベント、なかなかないですよね。

 

今回の参加者の中には、アメリカ・ケンタッキー出身の男性も。まさにクラフトビールの聖地と言える場所から来た彼に今回のイベントの感想を伺ったところ、「僕は、ビールはサラダだと思う」とのご意見をいただきました。麦やホップなど大地の恵みを使って造られたビールは、サラダと同じじゃないか、と!

 

今日のワークショップで個性豊かな盛り付けのサラダが出来たように、クラフトビールも原料の合わせ方などでいろんなスタイルや味わいのビールが出来上がります。それは確かに今回、一人一人が作った個性豊かなサラダのようです。

 

…と、いうことは、サラダとビール、これは合わないわけがありませんね!

 

サラダを手作りできる体験はこのワークショップの特別な体験でしたが、来たる6月3日(土)4日(日)、SVB代官山にて「パワーサラダxクラフトビール」のイベントを開催予定です。

 

このイベントではなんと6,336通りのサラダが楽しめるのです!

 

サラダとクラフトビールの相性が気になったあなた、この果てしないクラフトビールとサラダのペアリングラビリンスに迷い込みんでみませんか?

ぜひ、ご参加お待ちしています!

 

▼イベントの詳細はこちらをご覧ください

<お知らせ>6/3(土)4(日)ボリューム満点サラダ×クラフトビールフェス